CASA F☆サルーキ

走りを失っても健気に生きる大天使サルーキ×明るくおもしろく生きる小悪魔サルーキ×ときどき癒しのシェルティのブログ。北国からお届けします。

2017年02月 | ARCHIVE-SELECT | 2017年03月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

おサル♪

シェリぽん、幸せですかね~。

ですよね~。




じゃないと、シェリぽんはもちろん、ブリーダーさんにも申し訳ないですよね。


ペットショップや匿名性高いネット販売仲介サイトで積極的に売るようなブリーダーさんじゃないですから、譲渡予定でもなんでもなかったシェリぽんに出会えたのも奇跡?
それもこれもサルーキ友達のおかげです。



数年に1回くらい、どこのブリーダーさんがいいですか?というお問い合わせをいただくのですが、さすがに…全く知らない方にここはダメ、ここはいい、とは具体的には言えません。
だって…問い合わせしてきたのが繁殖屋さんだったり、トラブルメーカーさんだったら嫌じゃないですか~。


強いて言うならば…ちゃんとしたプランで繁殖されてるブリーダーさんは、子犬オーナー募集を誰にでも見れる公のサイトには載せてないことが多いので、初めてサルーキをお迎えしたい方は、真っ当なブリーダーさんを見つけることが難しいということでしょうか?


そうだよね…サルーキの知識あるサルーキ飼いさんがもう一頭お迎えするならここ!と出産前予約されてますし、子犬が売れ残ってもご自身の手元に置く方が多いですから、見知らぬ人に子犬オーナー募集することがまずないのでしょうね。

それにブリーディング回数も数年に1度なので、毎年のように生まれてくることがないので、出会えるチャンスも少ない。


あとは子犬のことだけでなく、長くお付き合いできるブリーダーさんかどうかは考え方や相性もあるので、難しいです。



シェリぽんに出会う前に出産前予約した自分は、残念ながら、頭数が足らず順番が回って来なくてご縁がありませんでした。

津軽海峡あるけど、ありがたいことにサル友さんがいっぱいいる自分ですら、子犬に出会えるのは本当に楽じゃないです。

次の出産機会(数年後)まで待つことも覚悟したくらいです。




これからサルーキをお迎えしたいな~って方は、ブリーダーではなく、多くのサルーキ飼いさんに直接会っていろいろ教えてもらって、パイプ繋いでもらうのがいいのかな?と思います。

遺伝的問題やパピーミルに憤りを感じてるまともなサルーキ飼いさんもいっぱいいますからね。





さてさて、そんな重い話題は終わりにして、ポカポカ陽気につられて残雪の山ランへ~。

もうね…柵が埋もれてないので、ロミたんが呼び戻しできるから、良かったと思います。

ロミたんにべったりのシェリぽんはロミたんにくっついて戻ってきますので。



見知らぬ子には距離置いて遊ぶシェリぽんですが…ロミたんには遠慮なし。

ロミたんも自分から誘ったり、追いかけ返して私に助けを求めない限りは楽しいようなので放置。


ロミたんと違って、スイッチ入ると1人爆走してくれるので、ちょいと楽。




かなり2人で遊んで、ロミたんはまったり。
シェリぽんも少し落ち着いた(?)




3ヶ月の小型犬とも上手に遊べたけど、やっぱりサルーキだけの方が、運動にもなるし、転がさないか?というヒヤヒヤ感もなくて安心。

全速力で走れたら結構満足するから、足の速いもの同士でドドーーー!と走れたら、長居は不要。


あとはグースカ昼寝三昧のロミシェリ(と自分)でした~♪





3サル、それぞれ犬舎も血統も全く違うけど、そのおかげで勉強になっております。
にほんブログ村 犬ブログ サルーキへ





| サルーキを飼うとは | 17:48 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT |