CASA F☆サルーキ

走りを失っても健気に生きる大天使サルーキ×明るくおもしろく生きる小悪魔サルーキ×ときどき癒しのシェルティのブログ。北国からお届けします。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

やっかいもの・マラセチア

結局、マーちゃんの外耳炎はマラセチアが原因でした。
いやそうだとは思ったけど、なんでこんなに判断が遅くなったのか?

そもそも、最初に顕微鏡で検査した先生が、マーちゃんが苦手とする
いじりすぎの先生だった。
なんだか、あやふやな感じで不安だったんだけど。

他の先生に診てもらうこともあったけど、検査はなし。
抗生物質の種類を変え、腫れをとめる薬を処方され、
でも全然治らなかった。



そして、昨日診てくれたのは、ずっとお世話になってる担当の先生。
顕微鏡で調べてくらたら、マラセチアが増えているとのこと。

と、いうことで抗生物質はなしで、殺菌のお薬もらいました。

マラセチアとは、どの子にもある菌なのですが、湿度が高く、
脂質を餌にします。
抵抗力が弱っている時にもなりやすいです。

耳の中や指の間、肛門などに、黒~茶色のドロっとしたようなものが
つき、ニオイもします。
また、痒くなり、腫れてしまいます。

わかりやすくいうと、水虫みたいなもので、なかなかやっかいな菌なのです。


以前もマラセチアが増えてひどくなったことがあるので、今回も
そんな気がしてました。


夏の肺炎の際、熱とおもらしとで、マーちゃんの皮膚は菌が繁殖しやすく
なってしまいました。
こんな状態で、2ヶ月闘ってきました。

今回は、口と鼻にも症状が見られ、完治するまでに時間がかかりそうです。



【追記】
言葉が話せない動物なので、消去法で原因を突き止めるのは
仕方がないことと思っています。
なので、いじりすぎの先生が最初に疑った原因が、抗生物質を
使えば治る可能性があったのでしょうから、仕方がないと
思っています。

経験があったら、きっともっと早く適切な判断ができたことでしょう。

いつもの担当の先生は、オーストラリアでも勉強されてきているし、
ホリスティックについても理解があるので、経験が豊富です。

長いことお世話になるであろう病院ですので、どの先生にも
これからも頑張ってほしいなと思います。


誰でも最初は初心者ですもんね…。
命に関わらなければ、多少は仕方がない、と思います。



そうそう、全く関係ない話しですが、先生とオーストラリアの犬
について話題になったことがありました。

オーストラリアの犬は、なんだか全体的にサイズが大きいという
印象のようです。
なんでかしら?土地柄?気候柄?ブリーディングの考え方の違い?




いっつもマーちゃんばっかり、なぜこうなんでしょう…。
こんなマーちゃんに応援ぽち!よろしくおねがいしま~く♪

にほんブログ村 犬ブログ サルーキへ
にほんブログ村

| わんこ | 04:56 | comments:12 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT

ホント、なんでマーくんばっかりv-406
マーくん、とってもおりこうさんにしてるのにe-259

| サルーキ蘭 | 2011/11/14 12:33 | URL | ≫ EDIT

外耳炎持ちの僕も、その辛さはよくかわりますよ。
痒いし痛いし、グジュグジュしてくるし…
僕なんか外耳炎が引き金でめまい起こして
倒れて病院に行った事もありますからね。
高熱と吐き気に襲われて病院にいったのですが、
原因が耳と言われて驚いたのを思い出します。
マーちゃんも原因がわかったので良かったですね!

| ジナパパ | 2011/11/14 14:26 | URL |

そうだったのですか、マラセチアって知りませんでした
マーちゃんカイカイで大変でしたね
お薬早く効きますように!

黄金王子ロミオ君の走りはほんと見とれちゃいますね
でもおかーしゃん探してキョロキョロって可愛い!

今日は寒いのかな?ご家族お体大切になさって下さいね✩

| セシル | 2011/11/14 15:42 | URL | ≫ EDIT

マラセチアはよくウエスティがなりますが
あれってお耳だけじゃないんですね~
初めて知りました。
水虫のような…はビックリです( ゚艸゚;)

お薬が効いてカイカイが早く治るとよいですね!!

| ジーナママ | 2011/11/14 15:52 | URL |

なんか抗生物質飲んで余計に抵抗力なくしてた感じで納得いきませんよね
病院の診察で少しでも疑いがあるのなら先生が積極的に検査をして頂きたいですよね
うちの近くの病院なんてお金掛かるの気にしてかあまり検査に積極的ではない感じです
マーちゃん今度の薬で良くなると良いね

| 麗 | 2011/11/14 22:00 | URL |

マラセチア性皮膚炎。厄介ですね。。。
マラセチアは酵母様真菌なので、抗生物質じゃ効かないんです。
耳の場合、緑膿菌や一般細菌との混合感染が多いので点耳薬には抗真菌剤と抗生剤が一緒に入ってるものを使うことが多いんですが、いじくる先生は一番疑いのあるマラセチアを完全除去してしまったのですね。。。
あまりにひどい場合のみ飲み薬を併用しますが、そこまでひどければ耳垢の培養検査をした方が早く原因が分かり、適切な薬も処方できるのですが。。。

犬種によって血液検査の正常な数値が違うのですが、
マニュアル通りの正常値を基準に判定してしまう先生も多々いると思います。
サイトハウンドは他犬種に比べて赤血球が多く、血小板が少なかったり、甲状腺のT4という数値も低いので甲状腺機能低下症と診断されてホルモン剤を投与されて、機能亢進症になったりすることが多いんです。
私もすべての犬種について把握し記憶しているわけではありませんが、ちょっとおかしいな?と思ったら、病気を疑う前に犬種の特徴をまず調べるようにしています。
分からなかったら調べることは恥ずかしいことではないと思うんです。動物のこと全て理解している人はいないですからね。
だから、いじくる先生にも自信のないことは調べてもらえるといいですね。



| hanamama+vet. | 2011/11/15 20:29 | URL |

★サルーキ蘭さんへ~
小さいときからいたずらもほとんどなく、人畜無害で生きてきたので、
こんな思いをし続けることがかわいそうで仕方ないです。
なおさらこの子はワタシたちが全力で守って助けてやらないと!と
親ばか道まっしぐらです。

| hiropuri | 2011/11/15 23:05 | URL |

★ジナパパへ~
外耳炎の経験がおありとは!
しかも、ままいに高熱と吐き気がおきるなんて!

マーちゃんもそんなことあるのかな?
物言えないので、ジナパパのお話、参考になりました!

| hiropuri | 2011/11/15 23:15 | URL |

★セシルさんへ~
前にも1度、マラセチアが増えて、大変でした。
その時は、黒いドロドロだったのですが、今回は白っぽく、
最近茶色に変化してきたんですよ。
なので、同じマラセチアとはすぐに思えず、大失敗です。

ロミは、吠えながらとことん追ってくる子以外は、
誰にでもこんな感じです。
誘い逃げをして追ってもらってスリルを味わいたいようです。
変な趣味です。

| hiropuri | 2011/11/15 23:18 | URL |

★ジーナママさんへ~
垂れ耳の子の宿命ですね~。とほほです。
マークは後足の指の間(真ん中のみ)にもよくなります。
なので、バリカンで刈ってるんですが、この場所も
なかなか手強いですよー。

どの犬もマラセチア菌は保有しているそうなんで、
増えないようにしないと、本当に大変な目にあいますね。

| hiropuri | 2011/11/15 23:22 | URL |

★麗さんへ~
そうなんですよ!肺炎の治療していたので、抵抗力弱ってたし、
なんで気がつかなかったのかが、不思議です。

なんか、もやもや~とはしてたのに、突っ込んできいてみなかった
ワタシも悪いのですが、さすがに獣医さんなりたての先生なので、
総合的に判断できなかったのでしょうね。
厄介者のマーちゃんを相手にしてもらって、いろいろ経験して、
将来は立派な獣医さんにきっとなると思いますよ~~。

検査代って、ほんと高いですよね。
外耳炎は保険の適応で、いくらか戻ってきているので、まだ良かったです。

| hiropuri | 2011/11/15 23:27 | URL |

★hanamama+vet.さんへ~
そうなんですよーー!肺炎の治療後だったので、よくよく考えたら
抵抗力なくなってるし、真菌の増殖かもって思いますよね。
抗生物質で効くものだったら、1週間もすれば効果出てますよね。

水溶性の点耳薬では、脂質に効き目がないかもということで、
名前忘れましたが、クリーム状の薬を頂きました。
少し、赤みが減った気がします。

あ~~~!!!そうそう!血液が、サルーキは違うと聞いたことあります。
あと、心臓の大きさも違いがあるというのも聞いたことがあり、それによって
誤診されないか?と不安に思うこともあります。
甲状腺機能低下症と誤診されることあるんですね…、ちょっと心配な子がおりますが。

いじりすぎの先生は、たしかまだ2年くらいしか経験がないと思います。
さすがに難しい状況だと、ベテランの先生が診察に一緒に入ってくれます。

獣医さんって、人間の医者よりも大変だなって思います。
内科とか外科とか、専門だけじゃなく、全てのことを診るんですもんね。
そして、相手はどこが痛いだとか言えないし、治療してたら噛む子も
いるでしょうし。

今度、不安や疑問に思ったら、早めに先生にぼやいてみます(笑)

サルーキの場合、症例が少ないし、遺伝病も他犬種に比べ少ないように
言われてますが、今はどうだろう?って思うことが多々あります。

hanamamaさんのお話、参考になりました!ありがとうございます。

| hiropuri | 2011/11/15 23:58 | URL |















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT