CASA F☆サルーキ

走りを失っても健気に生きる大天使サルーキ×明るくおもしろく生きる小悪魔サルーキ×ときどき癒しのシェルティのブログ。北国からお届けします。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

雪に強いサイトハウンド

雪に強いサイトハウンドといえば、まずはやっぱりロシアのボルゾイでしょう。


雪に強いと言ってもいろいろあって、寒さに強いボルゾイに対して、
足場の悪い所を走るのが得意なサルーキは、深雪に対して
サイトハウンドで最も強いと感じます。


車で言ったら四輪駆動にセンターデフロック付きのスポーツカー?
(って、そんな車ないけどさ・笑)か、速いオフロードカー?って
いう感じでしょうか。
ロミ

寒さは、走れば暑くなりますので、問題なし!
ロミ

夏には泥水に入ってしまうので、冷や冷やもんですが、
冬はいくら寝ころんでも、綺麗で助かります。
ロミ


サルーキは一見、コートの手入れも少ないし、気温の変化にも結構対応できるし、
無駄吠えしないし、家では寝てばかりだし、飼いやすいように感じますが…、
十分なフリーランは必須です!じゃないと、いたずらしますね(笑)

サル飼いの多くが、欲しい物として大きなお屋敷でも、利便性でもなく、
ドッグランを挙げるのも、育てていると本当に納得です。

多頭飼いが多いのも納得です。狩りごっこ好きですもんね。
ロミは、犬がそばにいると、ほとんどおもちゃには反応しません。
プロレスごっこよりも狩りごっこの方が好きです。



それにしても、トイプーとかは、雪だと大変だな~。
ノワ
ノワたん、自力で雪取り頑張ってました。


サイトの中でも、寒さに最も弱いイタグレくんも、完全防備なら氷点下でも走れるのですな~。
サイト
サイト談義中のサルとイタ。


一方、短足犬種は、埋もれながらも頑張ってます。
短足だと…
ずっとロミたん狩りに挑戦してたけど、深雪の中にロミが逃げると…
急にスピードが落ちちゃいますね。

長さで言うと…、おサルの手首関節=コーギーの脚全部。

それでも北国のわんこたちは、脚の長さ、脚の強さに関係なく、
それなりに環境に馴染んで冬を楽しんでます。
住めばどうにかなるもんかも。


もはや、冬でも馬のような足音が聞こえるロミたん。
馬的サルーキ


おサルは、かんじきのように長い指をバ!と広げてしっかりとキャッチするので、
足場の悪い所でも走るのが上手です。
かんじき足
ロミたん体高のわりに、足がでかい!お友達ボルよりもでかい…。
走るのが速いのは、肩関節の出来がかなり良いのと足の大きさに
よるものかも…と思ったりもします。


最近、大人体型になって、肉がついたせいか、走りが重いな~って気がします。
そのため、スピードも落ちた?って感じたり。
肉付きが良い(体重が重い)のも、サル的には、狩り仕事が下手になるから、
いかがなもんなのかな?と思います。

ヨーロッパのように、ショーでチャンピオンになるには、コーシングの記録も
必要なシステムなら、ついている筋肉が本物か偽物かわかるのにさ~って
思います。
サルは走ってこそ、キラキラお目々や走りのフォームがわかると思います。

と、いうことでワタシはコーシングに出ること、そしてそのタイムを
見ることも大事だと思っています。

だた走ればいい。マークならばそれで充分!生まれてきてくれたことだけで感謝な子。
でも、ロミは良いサル作りを目指して、望まれて生まれた子。
良い走りも目指したいものです。



性格は、フレンドリーで、好奇心の塊でサル的にどうなのさ?って思うけど(笑)
ロミ
ロミ
獣医さんにも「ロミちゃんは、犬というより人って感じですよね」と
言われます。

他の先生にも「あの子というより、あの人って感じだね」と言われましたし(笑)



さてさて、マーちゃんですが、ぼけ~っとしてる、転びやすいのはまだまだ
努力が必要ですが、発作はまたしばらく起きないレベルになったと思います。


近々お顔もアップします~♪


ご訪問ありがとう!
マーロミをクリックで応援よろしくお願いしま~く♪

にほんブログ村 犬ブログ サルーキへ
にほんブログ村


| わんこ | 07:53 | comments:4 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT

本当です!
雪=ボルゾイって感じですけど、重さと手(ボルって、体の割に手が小さい)のせいで、雪に沈む沈む・・・
我が家のブログの動画でも、サルきょうだいが必ず前走ってますもんね~♪

寒さも雪も、慣れも大きいですよね♪
うちのサルズも雪の中跳ね回ってて、この季節のランが一番楽しいです♪
全天候型サルーキ!!
全地形型サルーキ!!

北海道って、小型犬オーナーさんでもランに連れていってあげてるところが偉いなぁ~。
こちらでは雪が積もるとランに行く飼い主、いるかしら(汗)

同じ市内に、サルーキもボルゾイもアフガンもそのほか大型犬たちいるのに・・・
市内2箇所のランのブログ見ても全然お客さんいないし・・・

贅沢な環境よりも、充実した生活をあげてもらえたらブリーダーさんも言う事ないそうです。

自転車でつけた筋肉では、スピードは出せないのは確かだと思います。
本当に、チャリ引き筋肉かフリーラン筋肉か、ショーに出てる子でも見てたらわかります~。
良い筋肉は柔らかいですよね。
走るために必要な筋肉のみ発達するし。

ヨーロッパはコーシングCHも表記されるから意識の高さをかんじます!
日本では、その子供の血統書には記載されないし、何の値打ちもないのが哀しいですねー・・
コーシングが一般的じゃないからもあるとは思いますが、
犬のそういった本来の能力を軽んじてる気がします。

サイトハウンドはフリーランしてる姿も審査対象に入れて欲しいですよね(笑)

| えり | 2012/02/02 21:39 | URL |

書かれていることにすべてにうなづいてしまいました~~
まったく、その通りですね!!

コーシング、やらせてみたいな!!
富山ではやってるところがないので、なかなか機会がないんです。
ロミオ君、写真で見ただけでも人って感じが伝わってきます~~
もしかしたら、会ったらしゃべるんじゃないかと思うくらい(笑)

| ローズ | 2012/02/03 00:26 | URL |

★えりさんへ~
ボルを育ててたら、ボルの良さにのめり込むと思いますが、
サルに出会って、まさかの雪への強さに驚きです。

ロミよりも更にマークの足は大きく、しかも肩の作りはマークの方が
いいと感じます。すんごいパワーで引きます。

こちらは、冬にチャリ引きとかできないから、ランとかで遊ばせたりも
するのかもしれないですね。
雪に対する抵抗感があまりないのかも。

コーシングは、近場でやっていただけるだけ、ありがたいです。
サイトハウンド、見かける割には、こちらでも全然登場しませんね~。

フリーランしてるところも、見て欲しいですね。
ロミたんはオモ顔でマイナスになりそうですが(苦笑)

日本は、意識として遅れてますね。
どこが先進国じゃい!と思ってしまう。

| hiropuri | 2012/02/06 00:48 | URL |

★ローズさんへ~
まるまって寝てるくせに、外へ出るとなんて情熱的な犬種なんでしょうね~。
この静と動の差がたまらんです。

コーシング、機材だけでもすごい投資だから、余裕のある方か、すごい情熱のある方が
に動いていただかないと、一般人は参加もできませんよね。
つーか、JKCでやればいいのにさ!プンプン!

ロミたんとお話しできたら、おもしろいだろうな~と思いますよ。

| hiropuri | 2012/02/06 00:52 | URL |















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT