CASA F☆サルーキ

走りを失っても健気に生きる大天使サルーキ×明るくおもしろく生きる小悪魔サルーキ×ときどき癒しのシェルティのブログ。北国からお届けします。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

たまには漫画家

中2の時に初めて、某少女漫画誌に投稿をした。


帰ってきた評価は、それはそれはがっくり…。

ストーリー作りから始まって、修正が多いその他絵についての
ダメだしが山盛り。


そこで諦めなかったワタシ。
でも、必死に描きまくるタイプでもなく、気がのったら
急に描くという感じ。

受験もあるし、全然描かない時期もあった。

で、高校生になって2度目の投稿。



家に1本の電話。
「○○社の△△ですけど…」

忘れた頃に、受賞と授賞式への招待の電話だった。

電話を受けながら、うれし泣きというのを、人生で初めて経験した。
自分でもびっくりした。


横にいた両親もワタシが漫画を描いて、しかも投稿してるなんて
全く知らなかったので、泣きながら描いてたことを報告。

そして、受賞を知って、一緒に喜んでくれた。
厳格な父なので、叱られる!と思っていたが、執筆活動自体好きな父
だったので、理解があった。



授賞式。
初めて一人で飛行機に乗って東京へ。

東京に住んでいた姉夫婦が迎えに来てくれた。


授賞式では、審査員を務めた国民的アニメを描いている有名作家さんや、
ワタシの大好きなとある漫画家さんもいらした。
もちろん、編集部の方達も参加。

その後の食事会では、円卓にプロの漫画家と編集者、そして受賞者4~5人が
混ざり合って食事。

ちゃっかり、色紙を持って行ったので、イラストとサインなんかも
もらっちゃた~。

そこで、担当編集者と顔合わせ。
担当編集者は、その後何度か変わったけど、少年誌やファッション誌から
入れ替えで入ってくる人も多い。
初めて少女誌に来た男性担当者に、ストーリーのこととかダメだしされると
マジでやる気なくしたもんだわ…。

ファンレターも嬉しかった。
でも、1通だけ、中傷レターがあったなぁ。

他の漫画家さんたちに聞くと、結構みんなあるみたい。
編集部が中をチェックしてから漫画家に渡すわけではないので、
仕方ないんだけど、嫌なもんよ。
だったら、漫画を読まなきゃいいのに…って思うけど。
子どもって、残酷!!!って、初めてその時思ったわ。



でも、いい時代でした。
新年会や研修会などで、何度も東京へ招待してもらって、
ホテルでたくさんの漫画家さんたちと夜通しおしゃべりもして、
食べたことのないような高級なものや、ディズニーランドとかでも
遊ばせてもらったり。

漫画を描いたその先に、どんな世界があるかなんて知らなかった中2の時。


結局、大学受験もあったし、他の道へ進むことを決めていたし、
たまに載せてもらえたらいいや~な軽いのりで、しばらく続けた。


たまに、本屋で雑誌が売られていると、懐かしくなる。
当時は、発行されるたびに編集部から送られてきたんだけど、
今は買わないと読めない。

ふろく付きで、紐でがっちり結ばれてるから立ち読みもできない~(苦笑)


当時、顔を合わせてた漫画家さんたちも随分と少なくなった。
違う道へ進んだのだろうな。




で、肝心の漫画の写真はアップしないのか?

えぇ、しません(笑)
実家に原稿や雑誌類は全部置いてきていますからね。
どこへ行ったやら~~、です。



マーロミに会いに来てくれてありがとう!
応援ぽち!っとバナーをクリック!おねがいします♪

にほんブログ村 犬ブログ サルーキへ
にほんブログ村

| 漫画「サルーキのマーク」 | 09:03 | comments:4 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT

hiropuriさんに、こんな煌びやかな過去があったとは!
漫画家に憧れる年頃ってありますよね。
私もそんな一人で中学生時代に投稿した経験があります。
結果は、何事も無く過ぎ去っていきました・・・・
自分では上手だと思っていても世界は広いと感じさせられた良い経験でしたよ。
hiropuriさんの芸術の才能はそんなところにも花咲いていたんですね!漫画、どんなのか見たいです~

| ラピスママ | 2012/09/22 11:22 | URL |

昔、昔漫画家とか編集者に憧れてた時期あったわ~
hiropuriさんの漫画読んでみたいな!!
ペンネームだけでも教えて~~~~!!

| ローズ | 2012/09/23 00:20 | URL |

★ラピスママさんへ~
今になると、辞めちゃったことはもったいなかったかな?と
思いますが、だから今の家庭があるのだろうと思います。
煌びやか…というには、あまりにもお粗末なんですが、
ワタシには、一番充実してた時代かもしれません。

ラピスママさんも投稿の経験ありなのですね!
わ~、漫画描くのが好きだなんて、うれしいな~。

ウルふくちゃんにも見せたことないんですよね(笑)
なんだか、超照れくさいもんで。

| hiropuri | 2012/09/23 22:23 | URL |

★ローズさんへ~
漫画家と編集者なら、絶対漫画家になった方が楽しいですよ。
ただ、生みの苦しみといいましょうか…自分の描きたいものから、
ずらさねばならない時に、やる気が失せていきます。
二足のワラジを履いていると、やはりどちらかを捨てねば
ならないほど、時間もないし。

ワタシの載ってる単行本も、もうこの世にあるのかないのか?
何年か前に古本屋で見つけた(笑)けど、もうないでしょう。
実家に残されたものしかないかもね~。

| hiropuri | 2012/09/23 22:35 | URL |















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT