CASA F☆サルーキ

走りを失っても健気に生きる大天使サルーキ×明るくおもしろく生きる小悪魔サルーキ×ときどき癒しのシェルティのブログ。北国からお届けします。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

マークの闘いのキロク③

すり切れたパットが痛いのか、空気を察したのか大人しく
なったロミオ。
IMG_9768.jpg

どういうわけか、日課のおしゃぶりをしなくなった。
IMG_9769.jpg






22日(金)
循環器獣医学会の認定の病院だった。
たまに前を通ったことがあったけど、知らなかった。
看板などには何も書いてなかったから…。


先生に持ってきた資料を渡し、マークを診てもらった。

「この子の心臓は、もうアップアップだね…。
 容体が急変するかもしれない。
 携帯以外に、もしもの時は職場に電話をしてもいいか。」
と言われた。


別れ際…マークは意識がなかった。


どうしても抜けることができない仕事が終わるまで、
1時間1時間が長かった。

日中、電話がかかってこなかったので、約束していた時間に、
大急ぎで向かった。

マークは、まだ頑張ってくれてる!!

幸い、雨だったので、雪が溶けて、車の流れが良かったから、
早く着いた。



検査は、大きくわけて、次の7項目。

1.心雑音のグレード
2.心音図検査
3.心電図検査
4.胸部レントゲン検査(2枚)
5.血圧
6.血中酸素飽和度
7.心エコー図検査


心雑音は軽度。
不整脈。
心臓そのものは、大型犬ということを差し引いてもほぼ基準値で、
拡張型心筋症ではなかった。

ただ、左心室が軽度の肥大があるが、拡大や圧の上昇はなかった。
収縮が弱いから、血液が溜まっているから左心室が肥大ぎみだった。

これは、左心室に血栓ができやすくなり、もしも流れたら場合、
肺の血管を閉塞する可能性が出てきた。

ここまでは、まだ心臓が悪いとまでは言い切れるものではなかった。

そして、問題は、血中酸素飽和度の数値が低く、肺炎もあって
軽度のチアノーゼ。
難病とされる肺高血圧症になっていた。
名前からすると肺の病気というイメージだが、実際は
循環器系の病気なのである。


また、僧帽弁に中度の逆流、三尖弁に至っては、重度の逆流があった。
弁は奇形なのか?と聞いたが、そうではないようだった。


今回は、心臓よりも肺の血管機能の低下によって、心臓にも影響が出て、
生死を彷徨っていたようだった。


リンパ腫や他の臓器が原因であれば、かかりつけでもっと前に
気がついていたと思うから、ワタシもこの結果に納得だった。


すぐに、かかりつけに電話をして、検査結果を持っていった。
マークは待ってる間、酸素を吸入してもらった。



気管支の拡張剤、肺の血管拡張剤や抗生物質、心臓の動きを助ける薬、
利尿剤、抗生物質、などなど…たくさんの薬とてんかんの薬も飲んでいた。

酸素も15日以来、24時間随続け、やっと、鶏肉と黄身を食べれる
ほどになった。





23日(土)
休日も、マークの日帰り入院。
ネブライザーと肺の横をポンポンと5~10分ほど叩いて、痰などの除去を
してくれた。

帰り道、通りかかった神社でお詣りをすると、おとーしゃんが言うから…

天にツバを吐く女と、ドクロの服を着た子どもで、拝んできた。


マークが入院中に、家事。
仮眠する暇などなかった。



少し、呼吸が楽になったようで、持ち上げてトイレさせたついでに、
水を飲ませたら、その横にあったロミオの残したご飯を拝借した。
食欲が出てきたようだった。


マークは、全く立てない。



24日(日)
家でも1日2~3回のネブライザー。
マークは、これが嫌いなので、吸わせるのが大変。

でも、途中で痰が出て、楽になったようだった。
頑張ろう。



お腹が空いたと、手をかけるまでになった。

ご飯もお皿から、今までの1/2くらいは食べるようになった。



酸素の管はもう嫌がることもなく、だまっててくれる。
目力も出てきた。



ただ、足は全然だめで、踏み戻りができない。

マッサージもしているし、踏み戻りを直しながら、
歩く感覚を思い出させているが…。

まだ時間がかかりそう。


ロミオは、久しぶりにランで爆走したので、車の中でもスヤスヤ。





通院は一週間後になりました。
毎日、大嫌いなネブライザーで頑張ってもらいます。
治療費は…どえらい額になってます…。
保険でいくら戻ってくるのかわからないけど、1回海外旅行に
行ったつもりで…と思えば…。
頑張って、働きます!

にほんブログ村 犬ブログ サルーキへ
にほんブログ村

| 循環器疾患 | 08:18 | comments:6 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| | 2013/03/26 12:50 | |

ロミたんも頑張ったね多分おかーしゃん見ててこれは大変って判ったのだと思います
寂しかったかな、でもおかーしゃんが一緒に連れて行ってくれて良かったね
モコナもいつしかルークの病院へ一緒に行くのが当たり前になっています

マーちゃん目チカラが戻って良かった!食欲が戻って良かった!!
少しづついつものマーちゃんに戻ってね☆

| セシル | 2013/03/26 19:19 | URL | ≫ EDIT

ロミオ君の寂しげな表情に切なくなります。

マーク君、食欲も目力も出てきてすごいね!!
また、諦めてはいけないってことを教えてもらいました!!
マーク君は本当えらい子だね。

| ローズ | 2013/03/26 22:26 | URL |

★秘密コメさんへ~
そうなんですよね!大型犬だから、何をするにもお金と力が必要です。
そういう覚悟をして、お迎えすべきだけど、安易に飼う方もいるようです。
また、そんなつもりはなかったにしろ、現実は厳しく、
結局、安楽死や保健所などという選択をする方もいるのが心苦しいです。
ワタシは、バイクも車も売る覚悟はしていたので、あと数百万円はなんとか
なるかな?と思ってますが。
足りなかったら、旦那のバイクも売ってしまえ~って心境です(笑)

歳を取って病気するのは当たり前だけど、若い時からの病気は
明らかにブリーディングの結果でしょうね。
特に、海外からは、血縁関係の犬の既往症など隠そうと思えば隠せるし、
現に、今起きているこの現状が、海外からの血液だと疑わずにいられない
ことが、調べれば調べるほど、わかってきてますし。
サルーキが大好きなので、日本からサルーキがいなくなったりするのは
イヤだけど、しっかりとしたブリーディングをされる方が残ってくれる
ことを期待してます。

ありがとう。貧乏になっても、替えられないのは命ですもんね。
お互いキツイと思うけど、頑張りましょうね!
そして、サルーキライフ、楽しみましょうね!

| hiropuri | 2013/03/27 07:45 | URL |

★セシルさんへ~
もし、マーちゃんが死んでしまったら…ロミオはどうなるんだろう?
ということも頭がよぎりました。
マーちゃんがいる、という当たり前な生活が失われることが
ワタシだけでなく、ロミオにも影響があるんだとわかりました。
本当に、用事ないのに、いつもお伴…。

良かったはずの後の右足もだめなんですよ。
なので、全く立てません。
前脚の足先の力も弱いので、後脚をひきずって、前脚だけで歩くなんて
こともできない子なのが不憫です。

早く、せめて転んでも立って水くらい飲めたら…と思います。
ゲージに入れて、口元に水を置いたとしても、頭から転んで溺れ死ぬと
思うし、舐めて出てくるタイプはパピーの頃から絶対に飲んで
くれませんでしたし。
大人しい子なので、職場に連れて行きたいけど、絶対に許してもらえないし。

マークに元通りまで回復してもらうしかない…。うーん、うーん。

| hiropuri | 2013/03/28 17:10 | URL |

★ローズさんへ~
マーちゃんは生きるために、苦しいながらも水や薬を飲んでくれました。
生きようと頑張ってたから、諦めちゃいけないと思いました。

最初の診察の結果を受けたら、お先真っ暗で、安楽死を考える人って
いるのかも?と思いました。
もし、マークのように復活できたら…怖い話ですよね。

マーク、頑張ってくれて良かったです。

| hiropuri | 2013/03/28 17:13 | URL |















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT