CASA F☆サルーキ

走りを失っても健気に生きる大天使サルーキ×明るくおもしろく生きる小悪魔サルーキ×ときどき癒しのシェルティのブログ。北国からお届けします。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

あじさい

なんだか…マークの脚が前より動かなくなって
きた気がする。

前は、調子がいい日は自分で立ってキッチンまで
来れたけど、今は立つこともできない。


ドタバタとなんとか立つのを諦め、
鼻ピーしてワタシを呼ぶことが多くなった気もする。

確実に少しずつ悪くなってることは事実。


疲れやすいから、例え車椅子を使ってもほとんど歩けないだろうな。




コスモスが咲き始めてます。
紫陽花はやっとたくさん咲くようになりました。


「雑種の犬を飼って 散歩に出かけよう

雨上がりの道を 紫陽花数えながら

近くの公園まで



ため息も大きな緑の葉にかえて

落ち着いた色をした 淡い花を咲かせよう

今月の終わりには


どんなことでも いつしかあなたの

微笑みにかわればいい

どんな些細なことでも 穏やかな

気持ちあげれたらいい」


アジサイという、まさやんの歌がいつもこの時期に思い出されます。


紫の淡い花も緑の葉も7月の最後には、見事になりました。



マークと来年もまた一緒に紫陽花を見ながら散歩できますように。


4年でこんなに不自由で具合い悪い日がほとんどの体になってしまって、
更に4年後のマークの姿が想像できなくなってきました。


今、こうして心配して書いていることを
笑って読み返すことができるくらい
マークが頑張り続けていることを
期待してないわけでもありませんが。


昨日、前脚に力が入らず、顔面から自分の
うんPに転んだのははじめてです。

綺麗好きのマークのプライドが傷ついたと思います。

顔を拭いてやりながら、泣けてきちゃいました。





毎日、毎日がとても大事に思えます。

全力で生きることを教えてくれたのは、社会でも人間でもなく、こんなマークです。



生きてれば、みんな苦労してるんだから、
自分も頑張らねば、と思います。


長い休みも、じっと休んでばかりいるようなタイプじゃないので、
一生懸命に過ごしたいと思います。



一生って、なんて短かいんでしょう。
花は散ってもまた咲くけど、動物はそういうわけにはいきません。

無駄に過ごした時間を貯金できたらいいのにな~。

| マークの闘病 | 05:47 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT