CASA F☆サルーキ

走りを失っても健気に生きる大天使サルーキ×明るくおもしろく生きる小悪魔サルーキ×ときどき癒しのシェルティのブログ。北国からお届けします。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

新たな治療

マーちゃんの肘の診察でした。
かれこれ、何ヶ月もかかっています。


肘の血腫は、更に小さくなったように思います。
しかし、グルグル巻きのせいでできた皮膚炎の範囲が広がっているという二次災害です。



昨日は、新たな先生による新たな治療。


それは、東京でヘルニアの子の治療なんかをされている先生が生きるか死ぬかで入院していた時のマークのことを覚えていて、今回、診たいとおっしゃってくれていました。

先生が北海道に来る日が合いまして、今日診てもらう約束でした。



昨日は、整体的なことをして頂きました。
マークサイズともなると、先生も重労働だったと思います。


マークはヘルニアではなく、ある大きな問題から今のように歩くことがほとんど
できなくなっています。

とはいえ、ほぼ寝たきりの生活には変わりない。
動けないから、動かない。
動かないから、太るし、負担があちこちにかかって、体が動けなくなる。
とにかく、悪循環。


肘もそういったことがきっかけなのでしょうね。
肘そのものよりも根本原因の治療となりました。

30分ほどかけて、体のハリやこわばりやリンパの流れなどを良くするために、しっかりやってくださいました。


「走ろう、走ろう。まだ7歳、走れるんだよ。」とマークに声をかけながら、脚を丁寧に大きく動かしてくれてました。


こんなマーちゃんなのに、希望を持って、治療に携わってくれていることが、すごくありがたかったです。



肩にあった脂肪種は、ものの数分で小さくなり、少し体内に吸収されたっぽいのは、びっくり。




マークも気持ち良いときに出る、小さいうなり声がたまに出て、脚だけでなく、背中などもやってくれたので、少しは楽になったかも。
帰りの車中では、すっかり寝てしまい、家に着いてもそのまま寝てしまいました。


長年のものは、1度では改善しないので、今週、また治療して頂く約束になりました。



しかし、夜ご飯を残しました。
反応も鈍いし…。


咳が急に出て、薬で治まったものの今朝はまたひどくなりました。

加湿器と服と、暖房も少し上げ、飲み薬と吸入薬で緩和されて、朝散歩と朝食をいつも通り済ませることができました。


目力が戻りました~、フゥ~


いろんなことが起こるマークです。
どうせ起こるなら、奇跡が起きるといいな~。





ご訪問ありがとう!
マーロミをクリックで応援よろしくお願いしま~く♪

にほんブログ村 犬ブログ サルーキへ
にほんブログ村

| わんこ | 05:13 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT