CASA F☆サルーキ

走りを失っても健気に生きる大天使サルーキ×明るくおもしろく生きる小悪魔サルーキ×ときどき癒しのシェルティのブログ。北国からお届けします。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

2月後半

17日。
少しずつ雪の降る日が減ってきた。

朝夕の散歩は太陽の登ってない時間しか行けず…ロミオ、ごめんね。


太陽と共に生活サイクルが回る。




マークのためのものを整理すべきかどうか…。



無理して片付けられる物じゃないし邪魔になってるわけじゃないし。
いつもの所にそのままに。

マークの生きてた証だもの。
助けてくれたアイテムだもの。


領収書の束。

一体、何回病院に行ったか不明。


血腫と闘ったお洋服。
変な所にしまってて、ひょっこり出てきた。

また捨てられないものが増えた。



ちびっつ、かわいい。




20日。
お一人様でピザを作って食べる。

晩酌相手のロミオ。
いてくれて良かった。



21日。
マーちゃんロードに緑を感じるように。


家族みんなで追いかけっこ。
ロミオは嬉しくて爆走!




ドッグラン嫌いになってきたからドッグランにはあまり行かなくなって犬と遊ぶより家族と遊ぶ時間が増えた。



その方が楽しいらしい。




22日。
またスケート。

マイシューズをバザーに出されてしまってた事実に凹む。
レンタルシューズで我慢だわ。

製氷作業後は綺麗ね~!

子供の頃から鉛筆1本与えておけば一人で遊べる子だったらしいが、今もそうだわ。

1人でできるスポーツが好き。
団体ものはミスすると責任感じてストレス。


23日。
冬場限定、ボーリングのピン。かわいい。




24日。
1人留守番を頑張ってるけど、私が帰ってくるとベッタリの甘えん坊になってしまった。


別アングルから見ると…

なんだ!?この生き物!!!


冬場のマーちゃん散歩は大変だったが、これまで2月でこんなに雪が少ないのは初めての経験。

こんな時にマーちゃんがいないなんて。


25日。
レオン。

耳だけはしっかりしてる。
レオン、頑張ってる。偉いよ。


なんか女子力高くない?




お花を毎週買ってくるのが習慣になった。

いつまで置いてあげれるかわからないけど、お花のお世話=マーちゃんのお世話のようで、気持ちが落ち着く。

毎年買ってしまう。


急にチーズケーキを焼いてみる。美味♪



こういう時は男子っぽい。



あ!見てるし!!

おかーしゃーんLOVEな子。


肉パワーに敗北宣言。

たっぷりもらって、体重もしっかり戻ったロミオ。



マーちゃんのいない時間がどんどん積み重なるけれど、目をつぶれば、マーちゃんはそこに居る。
時間が許す限りそばにいたから、マーちゃんに触れた感触も匂いも表情も鮮明。
ずっと鮮明であってほしい。




つづく。




ぼくはおかーしゃーんの心で生きてるよ。 頑張れ、頑張れって今度は僕が言うよ。byマーク
にほんブログ村 犬ブログ サルーキへ
にほんブログ村

| 大天使マーク | 00:41 | comments:2 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT

マーク君、安らかに<(_ _)>

マーク君が亡くなっていたことを、今日初めて知りました。
hiropuriさん、誰よりも深い愛情をもって十分なことをされてきたと思います。
マーク君は感謝の気持ちを持って、あの世からhiropuriさんご夫婦とロミオ君を見守ってくれているでしょう。

私も3月に13歳9ヶ月の子を亡くしました。うちの礎(いしずえ)になった大切な子でした。
身体は弱ってはいましたが、まだまだ長生きしてくれると思っていたのに急変しました。最後の一週間のことを考えると悔いが残りました。あと一日早く病院へ連れて行けば助かったかな・・とか後悔はつきません。
遺影にお花&お線香を供えて毎日話しかけています。そのたびに涙が出ます。でも、この子はこれでラクになったのかな。寿命がきたので神様がお迎えにきたのかもと思いました。

マーク君、治療やお薬をがんばったね。いつも優しいお顔をしていたね。
hiropuriさんが飼い主だったから、ここまで頑張って生きて来れたのだと思います。素晴らしいママですね。
マーク君は亡くなったあとも、ずっと心の中で生きていますね。犬って亡くなったあとも、ますます愛おしさが増しますね。生きる支えになってくれます。

hiropuriさん、ロミオ君とこれからも頑張ってくださいね。
マーク君のご冥福をお祈りします<(_ _)>

| イノセントママ | 2015/04/15 16:23 | URL |

お久しぶりです

★イノセントママさんへ〜
イノセントママさんのところもお別れがあったのですね…。
たくさんのワンがいても、みんなを平等に大切にされて、天使になったイノセントママさんの子も幸せだったと思います。

生きているほとんどを病気と不自由な体で過ごしていたマークだから、その分、愛情でカバーしようと必死でした。
でも、いっぱいの幸せと自分が生きている答えを逆にマークからもらいました。

いくらその時ベストを尽くしていたとしても、やはり後悔は尽きないもんですね。

| hiropuri | 2015/04/17 23:25 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT