CASA F☆サルーキ

走りを失っても健気に生きる大天使サルーキ×明るくおもしろく生きる小悪魔サルーキ×ときどき癒しのシェルティのブログ。北国からお届けします。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

サルーキに靴

犬をベッドにあげるなという話を耳にすることがあるけれど、そいつは無理って話。


我が家はこれまでワン4頭と暮らしてきたけれど、ベッドにあげたからといって、ワンが人間をなめてかかるなんて感じたこともない。


むしろ、ロミたんなんて、夜だけは絶対にワタシと一緒希望ゆえ、べったりと頼りまくり。





それにサルーキはふかふか大好きなんだもの。

贅肉も脂肪も少ないから固い所じゃタコできちゃうし。



ほぼ横たわって暮らしてたマークも薄いカーペットじゃなく分厚いタイプだったから、タコは出来たことがない。
マーク専用のシングルサイズの万年床(笑)が各フロアにあって、好きな時にふかふかに自分で乗れるようにしてある。


カーペットはロミたんが遊ぶにも大活躍してるけどね~♪






ロミたんのべったり添い寝生活が始まり、どんどん秋冬を実感!!


まだ秋冬の用意してないし。






しかし、寒がりだけど、氷点下10℃であっても、雪中爆走となると全然平気なんだから、砂漠の犬って不思議。


ちなみに北海道でサイトハウンドで雪中爆走でパットが切れたとかならありだけど、防寒のために靴とか履いてるっ子っていない。
(イタグレさんは小さくてめちゃ寒がりなので、別ですが。
尻尾も凍傷とかあり得るので注意です。)

雪国サイトのお友達らもそう聞く。



パット切れたから履かせてみたゴム靴なんて、爆走開始1分で破裂してたし(苦笑)




そんなわけで、マークの指間の皮膚炎でまとめ買いしたゴム靴が…たくさん残っていて勿体無いから捨てるにも捨てられず。

レオンが時々使ってるけれど、破けるほど歩けないから消費せず。



8000円くらいしたマークが1回しか使えなかった靴は、貰い手がついて数年前にお譲り出来たけれど、ゴム靴の量は足何本分だ?(笑)






真冬のランの時はお湯を持参して足についた雪玉を溶かして取ると楽です。
にほんブログ村 犬ブログ サルーキへ
にほんブログ村

| わんこ | 08:44 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT