CASA F☆サルーキ

走りを失っても健気に生きる大天使サルーキ×明るくおもしろく生きる小悪魔サルーキ×ときどき癒しのシェルティのブログ。北国からお届けします。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

蝦夷鹿肉の犬用オヤツ

鹿肉は狩猟方法からして、衛生面と資格や規則から食肉として販売できない場合があるそうです。

しかし、犬用となるとそのようなものはない…。


確かにドッグフードも原材料表示など、人間の食品のような決まりではありませんもんね。

悪く言うと、廃棄物として腐りかけたものや内臓や菌が肉に付着したようなものなどがペット用に流通する可能性があるのでは??と思いました。



加工から食肉として販売する決まりや、良い肉選びや、良い食肉用としてのハントの仕方、栄養価の高い時期。
そして、命をいただくからには、好き勝手に狩猟して、いらない部分は捨てる、などはしてはいけないなぁ~と、改めていろいろと考えることができました。



どんな人がどういう方法でどう売ってるかは常に気をつけないといけませんね。

マークの難病のオンパレードにあちこちの獣医さんを随分と悩ませたけれど、食の改善で良くなったことも何度かあります。

犬に贅沢をさせたい、高いものを与えてあげたら幸せ~なんて全く思いません。

お高いステーキ肉とかうちの子達はもらえませんが、毎日、安心安全低価格で出来立てを食べて健康維持できる方が、犬も飼い主も幸せだと思うのです。


マーちゃんが生まれ持って健康体だったら、なんも考えず与えていたと思います。
ロミたんがグルメじゃなかったら、更に適当だったかもしれない(苦笑)



少しでも穏やかに長く生きられたら…の思いで始めた手作り食。



安全で安いというのは難しいですが、自分が食べられないような不安な食材は与えない、ということだけは変えずにいたいです。




ロミたんは病気らしい病気もないし、アレルギーもなさそうだし、親兄弟も元気。
しかし、マーちゃんとの暮らしで舌が肥えてるゆえ、手抜きはできません(泣)


結構、鼻が効きます!!
チーズ好きでも市販の犬のオヤツ用チーズは嫌いです。
牛乳好きでも市販の犬のミルク味と書いてあるオヤツも嫌いです。


ロミたんの匂いチェックが通らないと市販オヤツは誰も食べずに賞味期限切れになってしまいます。

いろんな物が練りこまれた市販ジャーキーやクッキーは特に食べません。
野菜ばっかりも(これは単なる嫌いだから…)



鶏肉、牛肉、鹿肉、ブタ耳や魚などの素材そのままの市販オヤツも食べない物が多いです。


以前、お友達が買った蝦夷鹿肉で作った無添加らしいというオヤツ。
匂い嗅いでロミたんは食べませんでした。

ワタシの鼻でも分かるくらい素材の香りを消すような別の匂いがうっすらしました。
なんだろ???



おうちで作ったオヤツ。



アキレス付き。

ロミたん、大喜び。


一度に作るなら、
上段は水分の多い鶏肉。
中段にロミたん用の大きめ鹿肉。
下段にレオちゃん用の小さい鹿肉。


鹿肉は水分が鶏肉よりうんと少ないので、ソフトに仕上げたければ1~2時間早く抜き取るといいです。






元々、人間用なので、前日にワンコ用から少し切り分けて、焼いて夕飯に頂きました。

鹿肉がまずかったという思い出しかないおとーしゃんが、食べてみると言い出し、食べたら「美味しい」と言って完食!


そうなんです。
しっかりと管理されてないとまずいんですね~。




しかしロミたん…結局のところ、愛されてるな~(^皿^)
にほんブログ村 犬ブログ サルーキへ
にほんブログ村

| 手作り食 | 20:56 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT