CASA F☆サルーキ

走りを失っても健気に生きる大天使サルーキ×明るくおもしろく生きる小悪魔サルーキ×ときどき癒しのシェルティのブログ。北国からお届けします。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

千里眼を持て! byマーク

シェリぽんの初ドッグショー。

JKCの会員登録が切れたままだったことが判明。

どうりで…いつまでも血統書の書換えが戻ってこないな~と。


自動納金にしてなかったので、すっかり忘れてた。



ということで、入会金から入り直し(苦笑)
そして、大変お世話になってるクラブへ変更することに♪


しかしだ、シェリぽんよ。


シェリぽんの姉妹達の方がショー向きな気がするぞ。
だってね、ベビー・リザーブ・クイーンだったんだもの。




会員登録し直したけれど、シェリぽんと今後は出るのかどうか…。



サルーキは抱っこした感じで体幹の違いがはっきりわかる。


シェリぽんの体幹…どこに行った???(笑)



そんなシェリぽんだけど、ショーに出ようが出まいが、健康が一番♪

アメリカン系にはマークの先祖を調べていった結果、不安なラインがあるので、オーストラリア系のシェリぽんが来たのだが、オーストラリア系って骨格がゴツイ印象~。


ワタシは現地のサルーキほどではないが、ある程度俊敏に動きそうな細マッチョ系が好み♪

エレガントさが少し欲しい。


しかし、シェリぽんはエレガントさが出る感じしないけど、この際、健康であればOK!!
愛嬌も振るし可愛い。


ドッグショーに出ることが一番大事ってことでもないし、目的がしっかりしてたら意味のあるものだと思う。


シェリぽんの次のショーは、来年以降だから、成長具合見て考えよう。


まずは永久歯の横に残ってる乳歯をどうするか?だわ。
姉妹は綺麗にみんな乳歯抜けたのに…シェリぽんはなぜ???
骨太だから???



とりあえず、シェリぽんの先祖、犬生全うできたと言える年齢まで頑張った子ばっかり。
嬉しい。

ブリーダーさんとも長くお付き合いできる感じで、姉妹達の成長ぶりがわかるからそれも嬉しい。


ロミたんのブリーダーさんにも、未だに良くしてもらい、親犬や兄妹のこともある程度わかって嬉しい。





うちには広い庭なんてない。
あったらあったでいいけれど…。

でも、北海道のランは広くて空いていることが多いし山道ロング散歩もできるし、チャリ引きなどしなくてもいい。
車さえあれば、運動入れるにはそれほど苦労はない。

冬は雪とアイスバーンの上でめっちゃ足腰鍛えられるし。


人間も鍛えられます!(笑)
女性が雪面をハイヒールで駆け足できるってTVでやってたけど、できますよ~♪
アイスバーンはスケーティングして歩けば転ばないし。


マークも冬場は本当に鍛えられたと思う。
だから、どうにか家の中では立つことができたのかな?と思う。





家に広い庭やランがあれば、犬は健康になるとは絶対に思わない。




また札幌のペットショップにサルーキが売られてたらしい。
直接も売ってるらしいけど、ペットショップにも卸してる。
ショック!!!



毛色が好きだとか、顔が可愛いだとか、値段が安いだとかの前に、子犬の先祖を調べることの方が大事だと思う。

そりゃ~全頭の既往症までは無理でも、多くの先祖や血縁の既往症がわかるだけでも違う。



ペットショップで先祖の事までわかりますか???



このペットショップにいる子犬とは全然違うけど、

マーちゃんを斡旋してきた別の繁殖者…
とーーーっても口がうまくて、最初は信じたんだけど、マーちゃんの病気が発覚したら、とんでもないことを言い始めた。
以来、その人とは不通ですが、他にもその方に疑問を抱かれた方がチラホラ…。

去年もペットショップに売ってたし。






マーちゃんがうちに来たのは、遺伝的要因とか難病とかで苦しい思いをした子が増えないように!!と、啓蒙する役割をマーちゃんが与えたんだといつも思っている。
だからブログも続いている。



8頭で生まれたマーちゃんの兄妹、誰も見つからない。

生きてたら10歳。

普通に暮らしてたら、ランに行ったり他のワンと交流もあるだろうに、全く見つからない。




生きているんだろうか?



生きているなら会いたい。



マークはダメダメサルーキだったとしても、健康面以外全部理想のサルーキ♪
家族になったら、どの子もみんな可愛い。
子犬に罪はない。

にほんブログ村 犬ブログ サルーキへ
にほんブログ村








| わんこ | 09:10 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT