CASA F☆サルーキ

走りを失っても健気に生きる大天使サルーキ×明るくおもしろく生きる小悪魔サルーキ×ときどき癒しのシェルティのブログ。北国からお届けします。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

憧れのサルーキ

サルーキを飼ってみたいな、と思う方に、サルーキを飼うって
どんなことなのか、ワタシなりに考えてみました。

サルーキを愛して止まないからこそ、真のサルーキファンが
増えて欲しいと思っています。
飼ってから理想と現実が違っても、簡単に手放したりはしないで
ください。
サルーキはサルーキであって、一般的に考える犬とは違うのですから。


★サルーキってどんな性格か。

mark2.jpg

ネットでは、警戒心が強い、無駄吠えをしない、など書かれていることが
多いですね。
確かに、その傾向は強い、と思います。
しかし、人間だって個人差があるように、サルーキにも個体差があります。

我が家の場合、マークはパピーの時からおっとりで、怖がりでした。
サルーキらしく家族以外に懐かない子なので、サルーキを知らない人には、
かわいいと思ってもらえるタイプではありません。

一方、ロミオは活発で、好奇心の塊です。
どんなわんちゃんにも遊ぼう!ってするので、かわいいね~と言ってもらえる
ことが多く外面がいいのですが、裏を返せば図々しく破壊魔なのです。

さて、どっちがいいサルーキなのか?
それは、飼うあなた次第なのかもしれません。


★子犬を迎えるにあたって。

お鼻にお弁当のマーク

ワタシは、マークのようなタイプを始めから探していました。
本当に理想にぴったりな子なのです。
それまで中型のシェルティばかりだったので、初めて大型犬を飼うと
決めた時は、扱えるかとても不安でした。
ですから、おっとりな子がいいな~と思っていたのです。

血統書の先祖を見ると、アメリカチャンピオンの子も何頭かいますが、
マークにはその素質はありません。

叔母が飼っていたマルチーズは、ペットショップに居た子ですが、
ショーで何度かチャンピオンをとり、参考犬にまでなりました。
血統書があてになるか、といえばワタシはNOだと思っています。

おまけにマーク病気なのですが、一度でも「はずれ」だの「だめ犬」
だの思ったことはありません。
ワタシの姿が見えなくなったら、大きな体でピーピーと鳴き、後を
追ってきます。
すごく甘えっ子で、誰も傷つけず、本当に「やさしい子」、「かわいい子」
なのです。
お迎えした最初の3日間は、朝鳴きと甘噛みがひどく後悔しました。
でも、そんなのもだんだん忘れて、かわいさでいっぱいになり、今は
この子に会えて、毎日充実していますし、癒されています。

家庭で飼う時に大事なのは、血統書のタイトルがどうとかそういう
ことが問題なのではなく、その子を心から愛して育てていけるかどうか
なのでは?と思います。

大型犬の寿命は、小型犬よりうんと短いのです。
来るべき日が来た時に、後悔しないよういっぱいの愛情を与えることが
できますか?
その決意を忘れずに、サルーキをお迎えしてください。



IMG_0540.jpg
ロミオは、犬馴れできないマークが犬と共に走ったり遊ぶ楽しさを
知らないで犬生を終えるのは、とても不憫で、弟分をお迎えしたく
飼う決意をしました。
不憫の代名詞みたいなマークなので、お迎えしたら相性が合わなかったら、
もっと不憫になったことでしょう。

本当は、マークの子が欲しいのですが、そうそう相手に恵まれるわけ
もないですし、てんかん持ちの子が繁殖…なんて、無理に決まっています。



ロミオのブリーダーさんがマークとお見合いをさせてくれなかったら、
きっとお迎えしなかったと思います。
いつもご飯を兄弟にとられちゃうような子だったそうです。
ロミオから想像もつかないかもしれませんが、実はロミオは弱虫な
所もあるのです。

マークのために…と思ってお迎えしたロミオ。
本当は、こんな考えで飼うのは間違いなんでしょう。
彼にだって感情もありますし、大事な命ですから。
正直、始めの1ヶ月も、飼ったことを大変後悔しました。
もう犬は飼わない!とも思いました。
それは、マークが嫌がっていたのと、マークのものを何でも
奪ってしまうからです。

おまけに夜鳴きも1ヶ月以上続き、要求が満たされないと大騒ぎ。
わがままな子に見えました。

でも、時間が経つにつれ、ロミオも懐き、我が家のルールも覚え、
徐々にかわいい所も見えてきました。

そして何といっても、ロミオはマークが一番好きで、マークもロミオを
受け入れ一緒に遊べるようになった時にやっと、お迎えして
良かったと思えるようになりました。

ロミオは先祖のほぼ全てがチャンピオン(中にはインターナショナル
チャンピオンも)で、大変申し分ない血統です。
ショーにだって出せるくらいの素質と度胸があると思います。
ショードッグとしてお迎えしたいオーナーの元へ行けば、きっと
違う犬生だったでしょう。

ロミオはマークに比べるとかなりやんちゃです。
その代わり、マークとは違うおもしろい子です。
この子となら、アジリティやコーシング、ドッグランなどマークとは
できない楽しみを味わえるんだろうな…とも思います。

迎えた動機は不純でした。
でも、飼うからには最期まで…それだけは、肝に銘じてました。

シェルティ、イタグレ、ウィペット、柴など、いろいろ迷いましたが、
今となっては、他犬種でなく、やっぱりサルーキで良かった!!と
思います。

マーにぃ!まてーーー!


2サルーキですから、ご飯代、トイレシーツ代、絨毯代、おやつ代、
医療費、おもちゃ代、服代…など、かなりお金もかかります。
破壊力もあるから、物が壊れて買い直しなんてこともあります。

シャンプーはかなり楽ですから、トリミング代はかけないでも
済みます。
小型犬を飼うのと比べれば恐ろしいほどかかりますが、
人間の子どもを育てるよりは遙かに少ないです。

IMG_1719.jpg


ワタシは、子犬時代よりも成犬になった時のほうが、愛犬への
愛情が強くなります。
子犬時代は、お互いの意志とかなかなか伝わらないけれど、
成犬にもなると共に情がたっぷりとうつるし、意志が伝わるからです。
子犬の時は、まだ自分の子という気がしないのですが、
大きくなったら絶対手放せない大事な存在になるのです。

だから、子犬を飼ってみて、あ~大変!さようなら~~と
簡単に手放すのは、ちょっと待ってください。
これから、共に過ごすことであなたのかけがえのない存在に
なるのですから。


★ブリーダーさんとの出会い。

よいブリーダーの存在はとても大事なことです。
ショップにサルーキがいるのですが、珍犬で大型で始めに病気を
持っていたせいか売れ残っています。
だんだんと大きくなって、ショップではまるで見せ物のように
いろんな人が物珍しそうに見ていきます。

悲しいです。とっても…心が痛みます。
その子を飼おうか、毎週のようにこっそりと見に行き、
本当に悩みました。

でも、もしワタシが飼っていたら?
「病気あっても売れるんだから、また繁殖して売ろう」なんて
思うブリーダーだったら、気の毒なサルーキが減るどころか
増えてしまいます。

サルーキのような犬種ですから、容易にショップには出さないで
欲しいです。
もし、そうならば真のサルーキファンではないでしょう。


良いブリーダーさんは、引き渡した後も相談にのってくれます。
そういうブリーダーさんを見つける努力も必要です。



★サルーキはサルーキ。

はじめに書いたようにサルーキはサルーキであって、他の何でも
ない、と思います。
顔が似ているからって、ダックスと同じ感覚で飼ってはいけません。

犬なのに、ほとんど吠えないし、外では情熱的に走っていたかと
思ったら、家ではゴロゴロ寝てばかり。

甘える時は、ワンワンペロペロというよりは、すりすり~とまるで
ネコのよう。

食べ物の好き嫌いも多く、食べないなんてこともあります。

1ヶ月シャンプーしてないのに、臭くない!

おいで!と言って来るようでは、優秀な狩猟犬ではありませんから、
呼んで戻ってくると思うのは大間違い。

手先が器用で、背も高いから、絶対大丈夫!と思った物がない、とか
どうやって出ていったの?なんてこともあります。

警戒心が強く、ランでよその子が来たらそれまで伸び伸びしていても
とたんにびびるなんてことも日常茶飯事。

運動量はすご~~くて、走る時は全速力で10㌔の距離はいけます。
朝晩の歩き散歩だけでなく、時にはフリーランも必要です。
パピーの時は、体力を持て余し、いたずらするので、
深夜にランをさせたこともよくありました。

体力に自身がなければ、サルーキはおすすめしません。



★サルーキの魅力★

犬の飼い方の本で見たレッドのサルーキ。
それまでアフガンやボルゾイに憧れていた、ワタシの心は
一瞬で奪われました。
美しい耳と尾の毛を持つフェザリングタイプのサルーキ。
無駄吠えもなく、狭く深い愛情、お手入れのしやすさ。
運動量を考えると、自分が老後に飼うにはふさわしくない、
「飼うなら今だ!」と。

レオンの良さを知っているから、シェルティは最後まで候補に
上がっていましたが、シェルティ以外にもステキな犬種はいるはず、
と思い、あえてサルーキを選びました。

実際に見たこともないサルーキは、調べれば調べるほど魅力的
で、未知の世界。
飼いたい思いは募るばかりでした。


おまけにウルトラふくちゃんの洗脳に成功し、「2頭兄弟で飼いたい」と
まで言わせることに成功しました。

飼ってみると、想像以上に魅力的な犬種です。



★サルーキにとって、よい飼い主とは。

どんな性格の子でも、どんな血統の子でも、
なんといっても、家族が一番大好きなのです。
狭くて深い関係がたまらなく好きなのです。

ですから、サルーキは家族の存在が何よりも誰よりも大事です。
お迎えしたら、どうぞ最期まで愛してやってください。

仲良く足湯♪



★最後に。

最後まで、長々とした文を読んでいただきありがとうございました。
もし、あなたがサルーキを愛してお迎えしたならば、
どうぞ同じサルーキ飼いとして、私たちとお付き合いくださいね。

ワタシ自身の失敗や反省なども含め、感じたことを書きました。
違うっていうご意見もあるでしょうが、それでもいいと思っております。

IMG_0979.jpg
左から、マーク・ロミオ・レオン。


| サルーキを飼うとは | 17:22 | comments:6 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT

サルーキ大好き♪

はい!!
私 サルーキ飼いです!!^^
本当に1頭でも楽しいサルーキとの生活ですが
サル多頭飼いの方が多い様に2頭目を迎えて楽しさ倍増!!

我が家の2頭目を迎える目的はhiropuriさんと同じで
ちょーびびりのルークの為「楽しい犬の世界」をとの思いからでした。


ルークはマーク君のように大人しく、イタヅラにもほとんど困らず
こんなに飼いやすいサルーキはもう一頭いても大丈夫!!
なんて考え・・・・たのですが・・・
2番目だから??ですかねー??
とにかくハチャメチャなモコナですが 楽しいんですよー♪


こらからもサル友さん同士 宜しくお付き合い願います^^

| セシル | 2009/06/01 11:25 | URL | ≫ EDIT

★セシルさんへ~
ルークくんもおとなしそうですもんね~~。
ルークくんみたいなタイプなら、2サルといわず、3サル4サルでも
育てていけそうな気がします。
モコナちゃんが来て、ルークくんも絶対いいほうに変わったと
思いますよ。

我が家もマークに似た子を探したのですが、なかなかおりませんね~~。
ロミオがやってきて、大丈夫かな~?と心配したけど、
違うタイプ同士でもうまくやれてます。

こちらこそ、びびり&はちゃめちゃなサル多頭飼いとして、
どうぞよろしくお願いしますv-363

| hiropuri | 2009/06/06 07:23 | URL |

こんにちは

こんにちは、hiropuriさん♪
遊びにきていただいたキナポンです。

私は、キナリが私の子どもになるまで、サルーキをほとんど知りませんでした。
だから、真のサルーキ好きではないと思います。
先代のゴールデンを5年前に亡くしてから、故意的に犬から離れていましたし、まだ我が家に他の犬を迎える気にはならなかったからです。しかも、ずっと、ブリーダーさんから譲っていただく形だったので、「ペットショップで犬を買う」だなんてとんでもない!・・・と思っていました。
なのに、やっぱり運命なのでしょうか。あの日、行っちゃったんですよ。
ブログにも書きましたが、私は最後まで反対でした。
けれど、我が家の男どもが、もう一目惚れで、どうにもこうにも(笑)。
うちの場合は、キナリだったからうちの子にすることにしたので、サルーキだったからではありませんが、結果としてサルーキがうちの子になりました。
「んもう!(怒)」と思うことも「コイツはアホか(呆)」と思うことも多々ありますが、笑いの絶えない毎日です。
私も、子犬時代よりも成犬になった時のほうが、愛犬への愛情を強く感じるので、キナリが早く大人になってくれないかな♪と思っています。
そんなわけで、毎日がわけのわからないことばかり。いろいろと教えてくださいね。よろしくお願いします。

| キナポン | 2009/09/08 09:10 | URL | ≫ EDIT

★キナポンさんへ~
ようこそ~。

そうですか…真のサルーキ好きではないですか…ちょっと残念!
でも、一緒に暮らすとキナリちゃんも大好きになるでしょうし、
そうするとサルーキも大好きになる、とワタシは思っております。
キナポンさんの男性陣はサルーキ好きなんですね。

性質がいまいちわからない犬種ならば、なおさらブリーダーさんから
お迎えした方が、ワタシはいいと思います。

ゴールデンとは、タイプが違いますもんね。
驚くこともいっぱいだと思いますよ。

裏を返せば、それくらい魅力的です。
もちろんワタシも他犬種を育てたり、兄弟含めみ~~んな犬を
飼っているので、それぞれの良さも周知しています。
が、サルーキって摩訶不思議なんですよ~。

キナリちゃんとかけがえのない時間をこれから過ごすと思うと
わくわくしますね。

| hiropuri | 2009/09/11 22:20 | URL |

読ませていただきました。
私もりくと会うまでは、サルーキという犬種すら知らなくて
毎日見てるうちに、飼おうと思ってからいろいろサルーキに
ついて調べました。
大型犬は初めてで不安もあったのですが
なぜか、サルーキなら飼える!と思いこみました。
思いこみ、あまり良くないのかもしれませんが。。
なんか直感?です。で、今はすくすく育ち1年5か月になりました。
サルーキはりくを飼ってから大好きになりました。まだまだ知らないことも大変なことも多いのですが。私も小さな時より今のほうが絆が深まっている?からかすきです。最後まで一緒にやっていきます。
お風呂の写真はロミオくんとマーくんですか??
親子みたいですね。かわいい!!最後の写真もレオンくんもみんなで首をかしげてベストショットですね^^

| ブチブチ | 2009/10/20 00:31 | URL | ≫ EDIT

★ブチブチさんへ~
サルーキを知っている方の方が少ないですもんね。
知識をいっぱい得ても、いざ目の前に我が子をお迎えしたら、
あれれ?サルーキってこうなの?どうなの?ってそこから
本当の勉強スタートですよね。
ワタシが初めて生サルーキに会ったのは、マークなんです。
成犬はその後に、ランでお会いしてあまりの大きさに正直、
びびりましたよ!

サルーキは、本当になんだかいけそうな気がします!
うんうん、ワタシもそう思いました!
思った通り、育てていけてるかな?って思ってます。

お風呂に入っているのマークとロミオです。
よく2人で、だまって入ってますよ♪

1歳5ヶ月、まだまだ子供っぽさがいっぱいですね!
ブチブチさんもこれから、りく君と楽しいサルーキライフに
なりますように~~v-343

| hiropuri | 2009/10/21 23:48 | URL |















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT