CASA F☆サルーキ

走りを失っても健気に生きる大天使サルーキ×明るくおもしろく生きる小悪魔サルーキ×ときどき癒しのシェルティのブログ。北国からお届けします。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

脊椎神経繊維軟骨塞栓症

あまり詳しく書いてこなかったマークの小さい時の頃
当時は、かわいそうで写真もあまり撮りませんでした。
今思えば、いっぱい撮っておけば良かった!と後悔。


やっと?症状についてまとめて書くことにしました。
同じようにある日突然、愛犬が立てなくなった!という方の
役に立てば幸いです。
興味ない方はスルーしてください~。


これから旅をしよう!と思っていますが、脚の不自由なマークを
初めて見る方に、理解して頂きたい気持ちもあります。
決して感染する病気ではないので、どうか暖かく見守って
頂けるとうれしいです。

専門的知識がないので、間違った用語などあるかもしれませんが、
お許しください。





マークが生後4ヶ月の時になったものの一つは、
脊椎神経繊維軟骨塞栓症、いわゆるFCEです。

聞き慣れない言葉だと思います。ワタシもそうでした。
ネットでいろいろ探しても当時は今ほど情報がなく苦労しました。

わかりやすく説明すると、椎間板などの線維軟骨が血管内に入ってしまい、
それが詰まって炎症を起こしたり塞栓症を引き起こします。
なぜ、そのようなことが起こるのかはっきりした原因は不明です。
ただ、人間では交通事故などの強い衝撃によって起こることがあるので、
遺伝性ではないと思われます。

実際に、かかつりけの病院では以前、ディスクでジャンプした直後、
歩けなくなりマークと同じ状態になったウィペットを診察したそうです。

マークがなぜそうなったのか?全くわかりません。
ジャンプはさせないようにしてましたし、車に乗せるのも抱っこですから。

ある日、突然愛犬が原因不明で立てなくなったり、歩けなくなったり
した場合は、すぐに病院へ行ってこの症状の疑いがないかも診て
もらってください。
犬種、年齢問わず起きます。





●主な症状は次の通りです。
・突然の麻痺…後遺症として一生麻痺が残ることがあります。

●検査方法は次の通りです
・MRI撮影…水頭症など他の病気が起因していないか判別できます。
・神経的検査触診…塞栓症を起こしている部位の特定などに役立ちます。
         足の甲を地面に着けると犬はすぐに戻します。
         これが遅いまたは戻さないと麻痺の程度がわかります。
         この検査は踏み戻りといいます。

●治療方法
・ステロイド療法…炎症を抑えます。
・リハビリテーション…人間の場合は針治療などで効果があると
 されています。マッサージなども良いです。
・レーザー治療…部位が特定できた時に有効
・外科手術…繊維軟骨が詰まっているあるいは刺さっている部位が
 特定できた時に有効。

●注意点
・小脳などへの炎症があった場合、車酔いの際に見られる
 ような眼球の小刻みな揺れである眼振が起きます。
 その際は、生命の危機もありますので、大至急病院へ行ってください。
・ステロイドによって、肝臓に負担がかかります。
 血液検査をして、肝臓を守る薬も必要になることもあります。



マークは、四肢の麻痺そしてその後、眼振が起きました。
部位が特定できず、ステロイド・ビタミン・マッサージの治療しか
できませんでした。あわせて肝臓を守る薬も。

残念ながら、後遺症が残ってしまいました。
踏み戻りの検査では、左半身の麻痺に強さが見られ、今は
左後脚に力が入らず、急に向きを変えたりちょっとした段差で
転倒してしまいます。





オハズカシイ話しですが、お散歩もしばらく禁止でしたので、
一番大事な時期に社会化をさせることができませんでした。

知らない人が見たら「歩き方、変だね」「すごい怖がりだね」と
言われます。
ある方に「仮病とかする犬種だから甘やかしたらダメですよ」と
言われたこともあります。(本当に仮病だったらどんなに良かったか!)


「なんでマークだけ…」最近までその思いは心のどこかにありました。
いきなり攻撃してくる他のわんちゃんに、いくら説明したって、
どうにでもなるわけでもなく、ワタシが噛まれるの覚悟で噛みついて
くる子を引き留めたこともあります。
でっかいマークを守るのは必死でした。


今は、もう治せるものではないと諦めもつきましたし、
マークと歩いて来た道は楽しいこともいっぱいですので、
なんだかんだと言われても気にならなくなりました。

それに、ランへ行ってもやんちゃ系の子はみんなロミオと
遊ぶのでマークが標的になることがすごく減りました。
家ではロミオと仲良く遊んでいるし。
ロミオはワタシたちの救世主!。ロミたん、あんがとー♪


そして、先日たまたま観たあるテレビ番組。
「これが我が家のスタイル。他と比べるものじゃないし…」
そう言った家族を介護されている方の言葉。

なんだか、ふっきれた気がしました。


マークがいるから何もできないなんて言いたくないし、
こういう子がいても旅でも、できる楽しみは一緒にしよう!と
思っています。

そして、マークがうちの子で良かった!と思います。



旅の途中、どなたかの手を借りねばならないことが
あるかもしれません。
でも、できるだけ人様にご迷惑かけないように、と準備万端で
行こうとは思います。


他にもまだまだマークのことで書き留めたいことがありますが、
長くなるのでまた今度!


★ブログランキング参加中★
みなさんの応援で今年も頑張ります
レオン マーク ロミ
応援ぽち!っとお願いします。
  ↓


■人気ブログランキング■
いつも応援ありがとう♪

■にほんブログ村■
にほんブログ村 犬ブログ サルーキへ
にほんブログ村

| 脊椎神経繊維軟骨塞栓症 | 05:31 | comments:20 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT

こんにちはー
函館ー青森より函館ー大間のがフェリーの中で、自由度あると
凸さんが前に言ってましたけど
迷惑掛けるとか、思わないで気楽に、ジェンヌさんはじめ関東には、マーロミの仲間・沢山いますから
頼みたいこと、どんどんリクエストとしてくださいね

| バジルパパ | 2010/03/23 10:34 | URL |

言葉にしてしまうと長い月日が十数行で書けちゃったり・・・
その中にどれだけの思いがつまっているのか涙が出るほどわかります。
って読んでて涙な私なんですけど・・・

「なんでマークだけ・・・」痛いほどわかります。
私も「どうしてユリヤなの?」って思っていました。
でもね、片隅にいつもあったその気持ちがhiropuriさんに会ってマーちゃんへの思いとかを知るたびにどこかへ消えて行きました。
心からうちに来てくれてありがとうって気持ちです。

よくかかりつけの先生に言われました・・・
もしユリちゃんが他の家で飼われて発作が起きたからってショップに返されたらそのごのユリちゃんはどうなっているかわからないよ・・・って。
ユリちゃんはみ~たんちに来て幸せだよって。


お互い1日1日 大切に過ごしましょうねっ!

春の旅i-267 楽しんできて下さいね~

あっ ユリヤも4ヶ月の頃から暫く散歩が出来なかったので社会化が・・・
土日の朝のランのメンバーは大丈夫なようですけど~
ロミたんありがとーです。

| み~たん | 2010/03/23 11:24 | URL | ≫ EDIT

なんでうちだけ!?
わかります!痛いほど、わかりすぎるほどわかります!!

今でこそ気楽に書けてしまいますが、
私も3人目の息子が生まれたとき、障害児だとわかり、一生治らないと宣言されたとき・・・
ありとあらゆるものを恨みましたね~。
周りは、母である私が悪い(遺伝とか、日常の生活とか)って言うし。
でもね、我家は我家。私は私。息子は息子。
そうなんです。変えられないものは仕方がないんです。

サビィだって、とても珍しい病気にかかってしまい(かかるというか、先天性ですね)
またしても「なんでうちだけ?」って思ったものです。
私が前世で悪いことをしてたのかな??なんて、そんなことすら思ってしまったものです。

病気と闘うのは辛いですよね。
でも、み~たんの言葉じゃないですけど、もしマーク君がhiropuriさんのお宅に来なかったら、どんな未来が待っていたか・・・
最近色々な酷い話を聞いてきた中で、マーク君は本当に幸せだと実感しました。

重たい話をごめんなさい~!!
春の旅が、楽しいものになりますように(*´▽`*)

| えり | 2010/03/23 11:42 | URL |

マーク君も、ひろぷりさんも頑張ったから、今があるんですよね!
なんかウルウルしてしまいました(´;ω;`)

良いんです!
自分たちのリズムで良いんですよ(○´ω`)ノ

知らない周りの方のお言葉は...スルーしちゃってください!
私もピレスと一緒にいるようになって、いやいやいや( ̄― ̄)ってことも、増えるようになりました。
でも、ピレスはピレスで、ピレスなりに頑張ってるんだから!
私がなにより笑顔でいなきゃ(o^∀^o)

なので、ひろぷりさんも笑顔でいてくれたら、マーク君ももっともっと頑張れると思います(=∩_∩=)

| ボバピママ | 2010/03/23 13:55 | URL |

hiropuriさんの思いに涙でちゃいます。

動物は悲しいって感情はないのでしょうね、私たちが悲しんでいるとルークは心配して顔を舐めてくれました。
だから笑顔で居てあげてくださいと病院で言われました、自分が苦しいのに・・・ 

マーちゃんはアンヨが不自由でもママ・パパが笑顔で居てくれれば幸せなんですよね!
そう!!人それぞれ個性があるようにハンデも個性です^^

こちらへいらしても何も心配ない様にセシルことジェンヌ&バジルパパが手厚く歓迎いたしますからね!!
遠慮なく寄りかかってくださいな!!
この強そうな(いえ強いです)両腕でしっかと受け止めますからね~

| セシル | 2010/03/23 15:21 | URL | ≫ EDIT

マーク君やhiropuriさんと出会って、
今まで何度か一緒に遊ばせていただいてきた中で
hiropuriさんやウルトラふくちゃんさんの
マーク君への愛情がとっても伝わっていますよ★
ちなみに僕、こういう事を言うと不謹慎かもしれませんが
マーク君をみてきて「かわいそう」と思った事は
ほとんどありません。
理由を文章にしてしまうと何か薄っぺらくなってしまいそう
なので敢えて書きませんが、それはhiropuriさんや
ウルトラふくちゃんさんがわかってくれると思います(^u^)
本当に大変だった今までの道のりの“全て”を、僕に理解する
事はできませんが、これからも今までのように
一緒に遊んだりビールを飲みながら語ったりして
ストレス発散し合いながら歩いていきましょう!!

| ジナパパ | 2010/03/24 12:37 | URL |

★バジルパパさんへ~
そうなんですよ~。凸凹さんのアドバイスを参考に
大間がいいかな~とか思ったけど、どう頑張っても
その便には乗れないのですよ。

ありがとうございます。
なんだかんだとみなさんから教えて頂いて、妄想(笑)が
現実となりつつあります。

どこか近くに埼玉名物が手に入る所ってありますか?
…埼玉って、何が名物か調べなきゃ~。

| hiropuri | 2010/03/26 19:08 | URL |

★み~たんへ~
人間もそうだけど、病気や事故になるとなんで?って
本当に運命を呪いたくなりますよね。
それでも強く生きていかねばならん。
このくらいのことでクヨクヨしてちゃだめだ~って、
や~~っと思えるようになりました。

そうですね。どんな素晴らしい血統でも絶対に病気や
怪我をしないとは言えないし、もしそういう子だからって
変な人へ譲渡とかしたら…考えるだけで怖いです。

マークはワタシと出会えてハッピー!って、思って
くれてるといいなぁ。

| hiropuri | 2010/03/26 19:11 | URL |

★えりさんへ~
ワタシなんか比にならないくらい、えりさんは
辛い思いや大変なことを経験しているの知っているから
えりさんの言葉に励まされてます。
重たい話し、いっぱいいっぱいあるけど、お互いぶっとばし
ましょうね♪

お天気いいとうれしいなぁ~。

雨でもショーって普通にやるんですよ…ね??

| hiropuri | 2010/03/26 19:14 | URL |

★ボバピママさんへ~
ピレスちゃんもパパ&ママさんと出会えなかったら…と
思うと、背筋が凍りますよ。
そう考えるとめちゃくちゃ幸せな子です。

体に障がいがなくとも、心におった傷もそう簡単に治る
ものではないけど、ピレスちゃんも少しずつ、そして確実に
進化している!と思います。

| hiropuri | 2010/03/26 19:17 | URL |

★セシルさんへ~
マークはまだ自分の脚で歩ける、そう思ったら
そうじゃない子に申し訳ないですよね。

今まではなんでも「原因不明」なことばかりで、
この先、悪くなったら…と暗く考えていました。

セシルさん、バジパパさん、お世話になります。

| hiropuri | 2010/03/26 19:21 | URL |

★ジナパパさんへ~
ワタシ、根暗なもんで…マークと2人になるとついつい
悲しいことばかり想像してしまうのですよ。

ウルトラふくちゃんは、FCEも乳び胸も発作もどの病気が
発症しても「治るから」と言います。
クヨクヨしないタイプなので、足して2で割ってちょうど
いいみたいです。

また飲みましょーー!
ワタシはノンアルコールビールでも気分で酔えるので、
どこでも行きますよ♪

| hiropuri | 2010/03/26 19:25 | URL |

雨天


川越のショーは屋内ですので雨天決行のハズですよん
暑過ぎず寒くないと良いですね~

| セシル | 2010/03/27 01:05 | URL | ≫ EDIT

マーク君の症状とこれまでの経緯、それとhiropuriさんの思い、改めて真摯に受け止めました。
一面しか知らない人には色々と誤解を受けてきたことでしょうね、そのやるせなさや心の痛みを想うと泣けてきます。
マーク君は体こそ辛いかもしれないけど、でもこんなにベストを尽くしてくれる飼い主さんに出会えて本当に幸せな子だと思います。
世の中には環境は満たされても飼い主さんの愛を得られない犬もいるし、どちらも満足にありつけない犬もいるし・・・犬にとって飼い主さんの愛に勝るものはないんじゃないかと思うので。

関東の旅、楽しんできてくださいね~^^
ごく近所の散歩さえビビッてままならないキャロから見たら(普通に散歩してる他所の犬を見るにつけ、なんでキャロだけ・・・とやっぱり思ってしまいますTT)、見知らぬ土地を体験できるマーク君は本当にうらやましいですよ~!
今から旅を楽しむ皆さんの姿が目に浮かびますi-267

| kino | 2010/03/27 11:34 | URL | ≫ EDIT

こんにちは。
始めて書き込みさせていただきます。

突然ではありますが、
私が所属するmixiのコミュニティーの中で
突然愛犬のプードルちゃんが歩行不可能になった
という方がいらっしゃり原因が分からないため
とても心配していらっしゃいます。

突然の歩行不能という事でマーク君のことを思い出し、
(私もシェルティークラブに所属しており
マーク君のことを知っていました)
こちらのブログをお教えしました。
もしかすると問い合わせなどあるかもしれません。

緊急性を感じましたので
了承なくURLを貼り付けてしまいましたこと
お詫びしますv-436
事後報告になりまして申し訳ありません。

どうぞ宜しくお願いいたします。

| うららか | 2010/03/27 17:54 | URL | ≫ EDIT

★うららかさんへ~
mixiの使い方がよくわからず(恥)、コミュニティはほとんど
見てないのですが、突然歩けなくなった子っているんですね。

考えられる病気を地道に検査などで消去していくのが確実ですが、
時間がかかるので、急いで病院へ行ってFCEの疑いもないか
聞いて見るとよいと思います。

マークは、大学病院ですら原因不明と言われ、FCEのことは
全く言われませんでしたが、幸いかかりつけの病院がとても熱心で
誠実な先生ばかりで、あらゆる方向から考察して、FCEの
疑いを指摘しました。
FCEなら2週間以内が勝負です!!!
マークはあまりにも悪化が早く、回復に2週間以上かかり、
結果、後遺症が残ってしまったのだと思います。

犬の症例がそれほど多くないので、このブログで参考になるなら
リンクOKですよ。

もし、気になることがあれば、その方から直接、右のメールフォームから
メールを送って頂いても良いですから。


うららかさんはシェルティクラブさんですか!
マークのこと知っていてもらえて、光栄です。


| hiropuri | 2010/03/27 18:14 | URL |

★セシルさんへ~
雨天決行ですか、覚悟して行きます!
おっと!その前に晴れを祈ります。

| hiropuri | 2010/03/27 18:19 | URL |

★kinoさんへ~
マークとロミオは、まだ幸せ者ですね。
レオンなんて、1日中、両親と一緒で、孫よりかわいいと
言われるくらい溺愛されて、もっと幸せ者かなぁ?

保護された子たちを見ると、本当に切なくなりますね。
その子たちは、どうして自分だけこうなんだろう?とか
思ったりするのでしょうか。

キャロルちゃんもkinoさんが全部をしっかり受け止めているから、
安心して暮らせるのだと思います♪
とっても大事にされているの、ブログを拝見してすごく伝わって
きますもん。

| hiropuri | 2010/03/27 18:25 | URL |

線維軟骨塞栓症

「線維軟骨塞栓症」について検索していたらこのブログを拝見しました。今、アドバイスを求められています。始めて聞く病気なのでよく分かりません。
2週間前に線維軟骨塞栓症の疑いで診断を受けたビアデッドコリー(Beaded Collie)雄2歳10ヶ月です。左後ろ足が麻痺しており、排尿障害があるため、自力で用がたせません。当初の麻痺のレベルは5で完全麻痺で、膝から下がぴんと張った状態で、ナックリングになり足の甲を大きな面積で引きずり歩いていましたが、2,3日前から、ナックリングの面積が時折少なくなり、左脚に重心を少し置けているそうです。
適当なアドバイスがあればご教示願えませんか?

| ヤマペット | 2010/07/29 17:21 | URL | ≫ EDIT

ヤマペットさんへ

★ヤマペットさんへ~
排尿障害があるのですか?
ナックリングって、脳からの信号がおかしいときになると聞いたような気がしますけど。
左後脚だけということは、首~背中には原因はなさそうですね。
脳~首か、骨盤前後の部位あたりに何かあるのでは?
ナックリングであれば、とにかく筋が固まってしまわないように。
うちの先生が言うには、繊維軟骨塞栓症も馬尾症候群でも、神経伝達が正常になった時に、筋力が弱くなってなかなか立てない子もいるそうなので、動かして筋力を落とさないことが大事だそうです。
ゆっくりマッサージや脚の曲げ伸ばしなどやるとよいと思います。

もしかすると馬尾症候群の方が可能性があるような気がします。
でも、繊維軟骨塞栓症は大型犬に発症しやすいので、可能性はもちろんありますよね。。。

馬尾症候群の場合、立てないほどひどい子は、外科手術で脚の付け根あたりにボルトを入れます。それでだいぶ改善されるようです。
マークは、自力で一応歩いているので、そのレベルじゃないと言われています。

「よいとされることはやってみる」それが、悪化を防ぐ方法だと思っています。
この手の神経的なものは、とにかく時間との闘いで、少しでも早くやれることはやるしかないかと…。
後遺症として症状が固まってしまうと難しいと専門医に言われました。

ワタシの経験が適切なアドバイスになるかどうかわかりませんが、ヤマペットさんの参考になれば幸いです。
また、ビアデッドコリーのオーナーさんもこの闘いに負けず頑張ってほしいです。

| hiropuri | 2010/07/29 18:15 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT