CASA F☆サルーキ

走りを失っても健気に生きる大天使サルーキ×明るくおもしろく生きる小悪魔サルーキ×ときどき癒しのシェルティのブログ。北国からお届けします。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

脊椎損傷と犬のしっぽ

この頃、マーちゃんの歩行介助方法について、ハーネスを使う以外の
方法を試しています。

それは、しっぽを持ち上げること。


マーちゃんは、体高があるので、位置的にも丁度良い…っていうことが理由ではなく、
医学的なことを元に試しています。


脊髄のラットを使った実験の論文では、後脚に麻痺のあるラットの尾を
持つと歩くとありました。
なぜ、そうなのか?肝心なところを忘れましたが(笑)尾は背骨の延長上に
あるので、バランスを尾を持つことでバランスが良くなるのなか~とか思ったり。
(もう一回、ちゃんと論文調べ直します…)


確かに、その論文を読む前にも、緊急な時にマーちゃんのしっぽを持つと、
わりとサクサク歩いてくれちゃったりしてました。
でもな~、しっぽを持つっていっても、マーちゃん嫌じゃないかな?とか思ってたんです。



ところが!そんな論文で、考えが変わりました。



かかりつけの先生が教えてくれたのですが、神経は、たしか人間なら10日で0.3ミリ
伸びます。
とても遅いんだけども、細胞が生きていれば、伸びて少しは良くなる可能性があります。
犬もそれに近いくらい伸びるのではないか?とのことでした。


論文によると、人間の場合、5ミリ損傷してもひどい麻痺になります。
ただ、それでも、細胞は再生しようと伸びてゆくわけですが、なかなか回復しないのは、
その場合先端の細い神経には電気信号が流れてないため、ということがわかったそうです。

ところが、実験で脊髄移植されたラットは、きちんと再生して電気信号が流れる、
ということろまでは、今の段階でわかっているそうです。


それを人間に応用する日が来るのでしょうか?
それって??臓器移植とかと同じってことですよね?
さすがに、犬の場合は、そんなこと実現はしないでしょうが…。




そんな先端医学の論文に、尾を持ち上げると歩けるということがあったので、
脊髄神経の損傷したこのラットと、うちの子は、全然違う要因ですが、
共通項の麻痺と言う言葉に、試しにやってみよう!ってことで、
実際に、近所を一周散歩してみました。

しっぽをつかまれることを全く気にしてませんでした。
かなりスイスイと自由に歩いて行きますので、全盛期の頃のような
スピードで(ワタシが小走りしないとついていけない)歩きます。
しかも、ウルふくちゃんとチャリ引きで、広場をダーーーーー!と猛スピードで
走るロミオを見て、火がつき、遙か遠くから追いかけて走りました。
介助するワタシが全速力で走って、なんとかついていける速さ!
トロットを越え、キャンターですよ♪(ギャロップはワタシの脚では無理です)

全盛期に、マーちゃんってどのくらいの速さなんだろう?ってことになって、
きっちり計測された100mのコースを利用して、ワタシをルアーに(笑)、
ウルふくちゃんと協力して計測したことがあります。
後左脚に若干の後遺症はあったものの、なんと!7.89だったか、7.86秒!
今のロミオの方が速いとは思うけども、大きな体に大きなストロークで迫力満点!
バンビhiropuriもビビリましたよ(笑)
今思えば、計測しておいて良かったな~と思います。いい思い出です。

ここ最近の介助付き小走りも、2人3脚みたいで、マークの笑顔見ながら一緒に走って、
これもまたいい思い出。




つかむといっても背中より少し高めに上げるという感じで、ひっぱったりはしません。
毛も抜けちゃいますからね。
軽くなので(じゃないと、嫌になって歩かなくなるでしょうから)痛いとかそんなことは
ないと確信しました。


ハーネスだと、おなかを圧迫しますし、時折、マナーベルト状態になって
おちっこをかけちゃいます。
さすがにうんぴ~の時は、しっぽを持つだけでは危なっかしいので、ハーネスや腰ひも
がないとまだまだ不安です。
装着だけして、いざという時だけ持てばいいわけですので、ハーネスと併用しながら、
散歩をしています。


家の中では、ハーネスをつけるということはなく、小走りしちゃうときだけ、
急いでバスタオルを持ってきて支えたり、体を支えたりしますが、
今後はしっぽを持つだけでいいので、楽になりそうです。



動物愛護の面からすれば、実験に使われたラットのことを思うと心が痛みますが、
そのラットのおかげで、少しばかり医学への希望を感じることができました。
人間の医学は、いずれは獣医学にも生かされるでしょうから。


最近、長袖じゃないと寒いくらいになったせいか、マークもよく歩きます。
筋力もついてきたのと、咳がほとんど出ておらず、全体的に体調がいいので、
そのせいもあるかもしれません。

また、どの麻痺レベルでも有効なのかどうかは、ワタシにはわかりません。
個体差がありますので、興味ある方はご自身で試してみていいかどうか判断されてくださいね。
たまたま、マークはこの方法でいい感触だった、ということですから。



あ~~~、また文字ばっかり!!毎度、読みづらくってすみません!


| 脊椎神経繊維軟骨塞栓症 | 00:00 | comments:12 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

へぇ~!
これは非常に興味深いですね★
しっぽを持つとマーちゃんもhiropuriさんも楽なら
こんな素晴らしい事はないですね!

たしかに、実験に使われるマウス君は可哀そうだけど
でもそのお陰で生活が楽になる動物や人間がいる訳ですから
本当に感謝しなきゃいけないですよね。
マウス君、ありがとう。。。

読みづらいなんて、とんでもないですよ!
スイスイ歩くマーちゃんを想像して、
朝からとっても幸せな気持ちになってま~す★

| ジナパパ | 2010/09/24 10:00 | URL |

尻尾を持つだけで?ですか?
それもあの優雅なフフサフサ尻尾ですものね持つほうもラクチンなのではないですか?
モコナだったら前かがみになって辛そうです^^;

マーちゃん!ママがお勉強家で良かったねー
私だったらそこまでたどり着く前に凹んでいるばかりだと思います



| セシル | 2010/09/24 17:38 | URL | ≫ EDIT

こんばんは!
尻尾を持って歩く、さっそくレイと歩いてみました♪
意外と気にせず歩きますねぇ~
理屈はともかく、少しでもマーくんが楽になるなら『よし』でしょう♪
しばらくマーくんの調子が良くなくて心配でしたが、一歩前進したことが自分のことのように嬉しいです。
マーくん、たくさん歩いて体力付けて、もっと元気になっちゃいましょ~♪
あ、でもhiropuriさんが大変だ(笑)

| kazu | 2010/09/24 22:52 | URL | ≫ EDIT

スゴイですね!
尻尾を持つだけというシンプルながらキチンとした医学的理論に基づいた(応用した)画期的方法!
マーク君が嫌がらずにラクに歩けるし、ハーネスより断然優しいし、良いことづくめのような・・
読んでいて思いましたが、きっと、あらゆる可能性って色んなところに存在しているものなのですね。
読みづらいなんてことないです、とても勉強になりました。

| kino | 2010/09/24 23:28 | URL | ≫ EDIT

尻尾にはそんな役割もできるんですね。
いつもいろいろ勉強になります。
なんといっても、マーク君のためにあきらめずに
がんばる姿がすごいです!!

| | 2010/09/25 22:06 | URL |

ホント hiropuriさんのお勉強熱心なことには取っても関心!
そしてこちらもお勉強になります!
興味深い内容にもいつも ほ~!とうなずいてしまいます^^
興味ついでに
ところで 尻尾を持つ部分ですが 
長い尻尾の持ちやすい部分ですか
付け根の部分ですか?
尻尾を持つように吊るせるようねハーネスみたいなのが作れればいいですね・・・肩掛けみたいにして
そんなのがあったら 一緒に歩く時楽な気がします^^

なにはともあれ hiropuriさん がんばれ~(^O^)/

| 蘭摩瑠 | 2010/09/26 21:36 | URL | ≫ EDIT

★ジナパパへ~
本当に単純な方法で、あら!まぁ!びっくりんこ!でした。
マーの足が宙に浮くなんて、夢のようです。
チャリのスピードを下げて欲しいような欲しくないような(笑)
意外に筋肉痛にならなかったので、まだまだがんばれるよ、ワタシ!

ジョニーのお墓の所に、実験動物の慰霊碑もあったりします。
次からは、ここにも手をあわせたいと思いました。

| hiropuri | 2010/09/28 01:03 | URL |

★セシルさんへ~
毛がつるつるしてるので、すぽ!と抜けそうで、慣れるまでちょっと時間かかりました。
今は持ち帰るのもうまくなりましたよ。
モコちゃんも長さ的にはいけてると思います。

今回のこの論文を見つけたのは、ウルふくちゃんです。
な~んにも考えてないようで、密かにマーの体にいいことを調べてたりするんですよね~。

| hiropuri | 2010/09/28 01:06 | URL |

★kazuさんへ~
早速のお試し、ありがとうございます。
体高と尾の長さに限定はありますが、いつか誰かのお役に立てる情報になればうれしいです。
本当に、ずっと持ってても全然気にしないものですね~。

もっと劇的に治る方法とか、早く誰か解明してくれないかしら~~と、他力本願です。

体力つきますよ~♪冬が来たらなおさらです……。

| hiropuri | 2010/09/28 01:09 | URL |

★kinoさんへ~
引っ張りあげたりせず、ただ、そっと背中より高い位置で持つだけだったんですよ~。
今度、レオンにもやってみようかな。すんごい変な顔して、後を見ながら歩きそう。

そうですね!可能性!奇跡が起きないか?とか夢のようなことばかり考えてましたけど、
こういった可能性の中に奇跡はあるのかもしれないですね!

| hiropuri | 2010/09/28 01:12 | URL |

★rose_edyさんへ~
尾って、重要なんですね。時々、怖い思いした瞬間、尾てい骨が変な感じします。
尾はないけど、尾に繋がる部分は、どこかと連動している!って感じしてました。

あきらめ悪いのが、ワタシの長所かも(笑)
ワタシがあきらめたら、マークもあきらめるしかないですよね。
マークの生き方は、ワタシ次第ですから、とことん頑張っちゃいますよ~♪

| hiropuri | 2010/09/28 01:16 | URL |

★蘭摩瑠さんへ~
勉強というか、人様の勉強したことを活用させていただいてるだけです。
研究者に感謝です!!

尾は、根本だとマークに近づきすぎて、足を踏んでしまうので、半分よりも末端の方です。
ハーネスの時もそうなんですが、肩掛けにするとマークとの距離が近くになりすぎて、
まっすぐ歩けないマークの足を踏みやすくなり、できるだけ距離を取りたいので、
腕の力がいりますが、手だけで持ってます。
吊す器具?みたいなのがあると便利なんでしょうけども、自由度もなくなっちゃうと
本末転倒なので、今の状態がベストかな?と思います。
1番はマークの歩きやすさです。

ありがとうございます!!マークの楽しい姿見るためなら、まだまだがんばれます!!

| hiropuri | 2010/09/28 01:21 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://casafcasaf.blog57.fc2.com/tb.php/750-ae05f5c8

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT